コンセプト
コンセプト

約300年続くみかん栽培の歴史。

小田原市明沢地区でのみかん栽培の歴史は、約300年近くになります。 江戸中期の豪商、紀伊国屋文左衛門(〜1734)が紀州より、みかんの苗を運んできた事から始まります。

現在もあきさわ園には推定樹齢300年くらい(2012年玉川大学山岡好夫先生による年輪鑑定)のみかんの原木が現存しています。 長い年月をかけて、品種改良や栽培技術の向上によって、今でも美味しいみかんの生産をしています。

戦後の日本の農業史は、化学肥料と農薬の進歩、生産技術の向上によって、生産性は飛躍的に伸びたものの1960年代ころから輸入農産物の残留農薬や、環境への負荷の影響も懸念されるようになりました。あきさわ園では、その前から極力農薬を使わず、安心して丸ごと食べられる、みかんの生産を始めていました。

1970年代初頭までみかん専門の農業をしていました。
1970年代から、緑化樹木の生産とブルーベリー、キウイフルーツの生産も手がけるようになり、それと同時期に、みかんは農協への共同出荷を辞め、秋沢園のブランドで市場出荷を開始し、フルーツと季節の野菜は鎌倉・藤沢地域のお客様への産直販売も開始しました。

現在は、4世代家族で、農業奮闘中
タイやフィリピン、インドネシアなど東南アジアからの農業研修正も受け入れています。

コンセプト

このページの先頭へ